紅川です。
皆さんはダブルカツ丼をご存知ですか?
とんかつ・かつ丼のチェーン店【か●や】を利用することがあります。
その日お腹はカツ丼気分。
百円引きのチケットを使って最も安価なカツ丼(梅)を税込\414円で食そうと思っていました。
しかし80gロースカツ一枚は何とも頼りない。
少し無理して(竹):カツ1.5倍 税込682円かな? チケットもあるし。
ところがぎっちょん 【フェア】だったのです。
カツ丼(松):カツ二枚(ダブル)が税込\724。 チケットもあるし。
通常は税込で千円近い高嶺の花がちょっとしゃがんでくれているような。
(竹)と僅差ではありませんか!
『ここはいくしかあるまい!』待て! 話がうますぎる。
オーダーコール前に再確認。
歴戦のファーストフードファイター紅川はトラップを見破りました。
【フェア】対象品には割引チケットが使えないのです。
危ないところでした。
でも、この機会を逃したら(松)様とは一生ご縁が無いような……
結果、行きました、来ました、(松)様が。
まず丼が重たい。
早く食べないと腱鞘炎になりそうなくらい重い。
実に分かりやすい重量感。
そして二枚のカツの安心感&信頼感。
皆さんはカツ丼を食べる際、カツとご飯のバランスに気を配っていますよね?
最初にカツを全部食べ、その後、味しみご飯だけを食べるヒトはいないと思います(その方とは友達になれないと断言します)。
往々にしてカツが少ないですよね!? 
ひと切れを噛みちぎりながら調整しますよね!?
それが(松)様の場合必要ないのです。
ひと切れはそのまま全部口に放り込んでOKなのです。
なにせカツがいつもの倍あるんですから。
逆転現象発生。
カツが余り始めました。
こんなの生まれて初めての経験です。
ご飯が増やせればとも思いましたが、通常のバランス感覚で食べるならご飯も倍必要となります。
つまり、カツ丼を二杯食うことですから、さすがに無理。
食べながら思ったのは、序盤にカツをもっと贅沢に食べればよかったなと。
後半は少なくなったご飯と味の濃いカツの戦い(カツが圧倒的に優勢)。
感想:(竹)がちょうどいいのかな……
次回投稿作、妖夢の後編に命蓮寺特製親子丼が登場します。
(もう、半年も空いちゃったな)