紅川寅丸とTeam東方不敗の作品やご案内

ナズーリン! てゐ! 二人はプリポナ!(うそ)(12)

「ナズリン、どういうこと?」

因幡てゐが尋ねてきた。

「確証はないけど、おそらく最後の人形スペカに【反則】があったんだろうね」

「反則?」

「事前に魔理沙が言っていたことが確かなら、本来、あれほどのコントロールは無理だったんじゃないかな。

でも、あの人形の動き、見事だったろう?

まるでアリス・マーガトロイドが操っていたかのように」

そこまで聞いたてゐは合点がいった。

文字通り【裏で糸を引いて】いたのだろう。

ならば明らかに反則だ。

「それで文句を言うために追っかけたのねー」

「さて、それはどうか分からないよ?」

相方の軽い否定に今度は合点がいかない妖怪ウサギだった。

逃げるアリス、追う魔理沙。

「待てよ! アリス! 待てったら!」

幻想郷の特急魔女から逃げ切れるわけもなく、あっさり前方に回りこまれる。

止む無く停止するアリス。

俯いたまま何も言わない。

「アリス、ごめんな」

驚く人形遣い。

真剣勝負に水を差され、怒っているはず、謝るとしたら自分のはずだ。

「なんで!? なんで魔理沙が謝るのよ! 悪いのは私でしょ!」

カウンターカット(逆ギレ)気味に怒鳴ってしまった。

アリスの【糸】に気付いてしまった魔理沙。

「ワタシのコントロール不足を、補ってくれようとしたんだろ?

オマエにそこまでさせてしまったのはワタシの努力が足りなかったからだ。

だから、ごめん」

「うそ! 怒っているんでしょ!? バカなことをしてしまったんだから!」

「アリス、オマエがワタシのためにどれほど一生懸命、力を貸してくれたか、それが分からないほどバカじゃないつもりだぜ」

『霊夢に勝ちたいんだ』

実は真っ直ぐな人間の魔女はその想いを真っ直ぐに語ってくれた。

アリスは悔しかった。

にとりやパチュリーの魔道具はとても素晴らしかった。

そして、魔理沙の役に立った。

聖白蓮が伝授した身体強化魔法は、博麗霊夢の猛攻をボムなしでしのがせた。

だが、自分のスペカは不完全だった。

焦った。

魔理沙が『こいつはスゴいぜ! これがワタシの切り札だ!』と賞賛してくれたのに。

操作の訓練、要求が高かったことは理解していたが、なにせ時間がなかった。

成功率一割にしかならなかった。

もしこのカードのせいで彼女が負けたら?

そう思うとじっとしていられなかった。

普段よりうんと細くした魔法の糸を【ヨコハマドール】に伸ばしていた。

出会いは魔界。

ガサツで意地悪な人間の魔女にコテンパンにやられた。

しばらくして姿を偽り、修行と称して幻想郷へやってきた。

修行は本当だが、もう一つの目的は霧雨魔理沙だった。

捻くれモノのくせに傍若無人、そして圧倒的なパワーを無遠慮に振り回す。

自分の正体にも気がつかない。

再会後はしばらくいがみ合いが続いた。

なんでこんなヤツが気になるのか。

当時、【好きか】と聞かれれば、即座に【大嫌い】と答えただろう。

復讐したいのか、強さの秘密を知りたいのか、それとも友達になりたいのか。

自分でもわからない。

なのにいつの間にか一緒にいることが多くなっていた。

実は努力家、実は寂しがり、実は結構気を遣う。

そして日を追うごとに存在の輝きを増していく【ただの人間の若い魔女】。

今、【好きか】と聞かれれば、考えた末【よくわからない】と答えるだろう。

単純に魔理沙と一緒にいたいと思っている。

愛情とか恋情とか、よくわからない。

今回も、魔理沙の役に立ちたかった、ただそれだけだった。

「アリス、このスペカ、やっぱりスゴいぜ。

ワタシ、絶対にモノにしたいんだ。

頼む、たまにで良いから、これからも付き合ってくれよ。 なっ?」

曇りのない金色の瞳で見つめられ、少しだけ鼓動が早くなる。

「い、いいわよ。 でも、優しくはしないからね。

あ、魔理沙、貴女、疲れてない?

ウチで休んでいきなさいよ、お茶くらい出すわ」

「おう、助かるぜ。

実は【天馬壱式】はかなり疲れるんだ、正直ヘトヘトだぜ」

ニカッと笑った魔理沙がアリスの手を取り、箒の後ろに導く。

二人乗りの魔法の箒は、ゆっくりと森へ向かっていった。

[←]  [小説TOP]  [↑]  [→]

PAGETOP
Copyright © 2011 東鼠回顧録 All Rights Reserved.